10周年記念公演

次回公演

2019年10月24日(木)~28日(月)
(りんとして)


あの混沌の日々を、忘れてしまったこの国へ…。



 スケジュール   あらすじ    キャスト    スタッフ    チケット予約





 ↑UP   あらすじ    キャスト    スタッフ    チケット予約

2019年10月24日(木)~28日(月)
劇場 d倉庫( 日暮里 )

二人の和尚

今回の公演、和尚(竹村孝徳)の役を、二人のベテラン俳優が競演しています。
回によって和尚が違いますので、公演スケジュールをご参照ください。
 
 
鈴木達夫 桐山浩一
 東京ストーリーテラーには今回が14作目の出演。元商社マンという異色の経歴を持ち、シリアスな役もコミカルな役も多才に演じるTSTの舞台に無くてはならない俳優。  役者歴45年、新国劇に学び、商業演劇の舞台、映像作品で幅広く活躍。東京ストーリテラ―では2018年の「点描の絆」で元刑事の藤本役を圧倒的な存在感で魅せた。


鈴木達夫 出演回        桐山浩一 出演回

 10月24日
(木)
10月25日
(金) 
10月26日
(土)
 
10月27日
(日)
10月28日
(月)

11:00~

12:00~

12:00~ 

14:00~

14:00~

16:00~

17:00~ 

17:00~ 

19:00~

19:00~


前売り 3,800円   学割 2,500円(高校生以下)  ※当日はいずれも300円増し

全席自由席 ご予約受付中

下記タイムテーブルのをクリックするとご希望日の予約画面が開きます。







 スケジュール   ↑UP    キャスト    スタッフ

《あらすじ》

昭和二十三年、長崎県の佐世保。
 市街地から少し離れた小さな海辺の集落。

 夫の出征直前に嫁いできた凜は、義母のソデと共に、 夫、俊平の帰還を待っていた。
 共に手を携えて戦渦を逃れ、多くの苦難に立ち向かっ て来た凜とソデは、今では実の親子のような堅い絆で 結ばれていたが、俊平の安否は今も知れず、終戦からは既に三年の月日が流れようとしていた…。
 そんなある日、ソデは凜に言った。
「凜、良か縁のあったら、もう俊平の戦死の公報は待たんでも良かよ…」
 日本が廃墟の中から復興への道を模索し始めたその頃、瓦礫の荒野のいたるところで実際にあった出来事の数々を、逞しく生きた市井の人々の生活に重ねて紡いだこの物語。それは、終戦直後ほとんど全ての日本人が共有していた想いを、平和が当たり前となった現代に、もう一度呼び覚ます群像劇である。


 


キャスト

 ↑UP   あらすじ     スケジュール    スタッフ    チケット予約

※五十音順


★有田 佳名子 ★大塚 紘子 ★大塚 みどり
★おふじ なおき ★川村 あい ★桐山 浩一
新村 暢也 ★鈴木 達夫 ★高沢 ふうこ
★高橋 和将 田中里実 ★三浦 明日香
㈱フェイスプランニング
         
     
★宮本 松        





スケジュール   あらすじ    キャスト   チケット予約     ↑UP

スタッフ

作・演出=久間勝彦

舞台監督=松井桃子 ( P.P.P. )

照明=榊原大輔

音響=兼坂香弥

舞台美術=谷佳那香

制作=宮嶋靖夫

制作補=鈴木顕吉

チーフプロデューサー=川上勘次郎

協力

俳優倶楽部サイアン

(株)フェイスプランニング

宝井プロジェクト  

後援

日本小劇場連絡会

新国劇無名会


詳細は随時このページにて更新していきます。

※ 尚、上演予定は、都合により変更になる可能性もあります。

 スケジュール   あらすじ    キャスト    チケット予約    ↑UP