東京ストーリーテラー
Tokyo Storyteller
 
 
   Past Stage  2010年秋公演・終了  
   


Aキャスト


Bキャスト


アンケートの声
 ( 抜粋ですが、文字使い等、可能な限り原文のまま掲載しています)
 
●泣けました!! 心に響きました。
最後の結末が、たまらなかったです。

●ドタバタと最後まで楽しくいくと思っていたら、
後半から涙がとまらなかった。

●笑いあり涙あり、考えさせられる作品でした。
"自分達に出来ない事を誰かにしてもらってる"という
精神で、誰かに何かしてあげたいと思いました。

●悔しいくらい面白かった。

●とても深くてステキなお話で、今日観にきて良かった
です。なんか上手くまとまらないですが、とにかく
たくさんのあたたかい気持ちがわきました。家に帰って
じっくりこの気持ちをふくらませて、明日実家に電話し
ようと思います。

●泣いちゃってメイクとれました。(笑)

●すっごく面白かったです。最後涙がとまらなかったです。
うまく言葉に出来ませんが、とても心に響きました。

●今、声優という夢に向かっている自分に対して、もの
すごく伝わってくるものがありました。今日この作品を
観ることが出来たことは自分にとって何か運命的に感じます。

●親孝行の大切さ、思いやり、気持ちの大切さについて
考えさせられました。今日1日この演劇を見られて、
人生の勉強になりました。

●一緒にまざって舞台に立ちたくなるような素晴らしい舞台でした。

●感動しました。とっともとってもいい話。私も子供が
いますが、子供に自分の気持ち伝えることが出来るかな…
涙がでました。

●不思議な懐かしい優しさ」とありましたが、まさに
不思議な味わいがあり、とても素晴らしいと思いました。
身につまされるところも多々あったのですが、ハートフル
さに癒されました。出逢えてよかったお芝居でした。

●人間の温かさが伝わってくる、じんわり、ゆっくり胸に
響いてくるお話でした。ママさんの言葉の深さ、重さ、
最後に理解できた時には言葉にならないというか…。
とにかく今日来れて本当に良かったです。

●自然と涙がこぼれ、温かい気持ちになりました。物語の
流れや台詞がとても良かったです。自分の父親はもういま
せんが、藤田さん演じる父親に重なって泣けました。


ご声援、ご来場、
ありがとうございました!!



↑Aキャスト


 

↑Bキャスト

2010.10.7(thu)〜17(sun) シアターKASSAI
多くのご来場、ありがとうございました。

「ラストシャフル」
作・演出 久間勝彦

その場しのぎの男と、そんな男に惚れた女、そして人生の黄昏に悔いだけを残した老人。
手札が変われば運だって変わるはず、最後のシャフルにすべてを賭けて三人の奇妙なゲームが始まった。 

下町の豪邸で巻き起こるハートフルストーリー。
 
   

身寄りの無い資産家の老人が死んだという。
噂を聞いた恭平と久美は、金目の物を盗み出そうと屋敷に忍び込む。


 
しかし、そこで二人が出会ったのは、死んだはずの老人だった。

 
老人の財産を狙い、恭平は認知症の老人の息子に成りすますが…。

 
夜中に乱入して来た、おせっかいで人なつこい
草野球チーム・イールスの面々


 
そして、ピンクイールス

 
「負けて笑える時もある〜♪ 野球はまるで人生だ〜♪」
毎晩押し掛けてくるメンバー。

 
「お手伝いしているなんて気持ちは更々ない、私達に出来ない事をやってもらってる、そんな感じなのよ」と、ひまわりのママ

30年間アメリカに行っていた叔母さん、
音信不通だった老人の息子が登場し、
物語は意外な展開に…。


父と子の絆、重なり合う二組の親子の物語、

噂の国江田さん、登場

国江田の告げる言葉に驚く二人、

そして明らかになる真実…。